年収アップ

勤務評価と年収の関係

年収の評価は、転職先が求める人材以上の人材であるときに、更に、高額の年収を提示してくるものと思われます。企業が人を雇う時には、その予算が事前に確保されています。そして、おのおの会社の事情にもよると思いますが、決められた予算でもって採用しますので、無尽蔵に採用すると言うことはありません。

 

増収に結びつく人材の判断は、今までのキャリアの評価になるのではないかと思います。例えば、営業職であれば、業種などの違いはあるにせよ、自分で契約を取ってきた金額などが評価されると考えられます。例えば、ライバル企業などから引き抜きがあるときには、その方が少なくても評価されていると言うことになります。しかし、ライバル企業のことを考える際には、今まで、育ててくれた企業を捨てるとか、今後、同僚との付き合いとか、何か気持ちがすっきりしない点があります。そのようなことの無い会社を選びたいものです。

 

企業で増収することが出来る人材であれば、年収はアップされると考えられますが、その際にも、実質的な年収がアップすることを考えて仕事先を選別する必要があります。いくらキャリアがあるからといって、転職先の既存の社員よりも飛びぬけて高額の給与を奮発してくれる会社などそうそうあるものではないです。日本人は、外国人のようにクールでドライな方は少ないように思われますが、それでも、給与が上がると言うことは、魅力的です。そして、評価してもらうことが出来れば、益々、頑張ろうとします。そして、人生をエンジョイできる可能性が高くなります。

 

そういった意味で、高い能力と実績がある方でなければなりません。就職先でリーダーシップを発揮して、会社のチームワークの意識の向上や、同時に売り上げに貢献できる人材、他社に真似の出来ない技術を持つ人材などは、引く手あまたになるでしょうが、そのような人材は、多くは、いらっしゃらないでしょう。そして、就職先の企業からみて、本当に欲しい人材になれるよう日々の精進を行い、年収アップのたの機会を狙うことは、高い目標を掲げるという意味でプラスになると考えます。

転職のときには年収の交渉を

転職のときには年収の交渉をすることをおすすめします。これは収入をアップさせる一番の近道だからです。

 

できることならば、面接のときに交渉をしてください。会社によっては経験のある方の場合は面接での話し合いによって給料を決めることがあります。
その方の経歴やスキルなどによって決めるのですが、できるだけ会社のほうも少ない給料で雇いたいと思っていますので低い額を提示する場合もあるのです。

 

しかし交渉さえすればアップすることもあります。
もちろんあまりにも無理な額を要求しますと不採用になってしまうこともあるので注意です。

 

年収交渉をするのには技術が必要になります。
転職をとにかくしたい場合には相手の提示した額を受け入れてしまうこともあるのですが、やはり転職をするからには長く続けたいものだと思いますし必ずアップするように要求してください。

 

自分で要求できない場合にはこのような方法で要求をする方法もあります。それは転職エージェントを利用することです。
たとえば、大学中退など学歴不問の求人が見つかる就職サイトのようなサイトからも隠れた求人がたくさん見つかります。

 

転職サイトなどでは一人一人に転職エージェントがつくのですが、その方一緒に面接の時に同行してくれます。
そして自分のかわりに給料をアップするように要求してくれるのです。

 

要求の技術も持っていますので無理な要求をして不採用になることもありません。
きっちりとエージェントはその方の相場を知っているからです。
これなら納得の転職ができるはずです。

 

自分でできないら他力本願という手もあることを知っておいてください。転職活動の面接では、自分を過小評価することなく、積極的にアピールしなければならないため、きちんと準備しておかないと対応できないのです。